劣化させない

ビル

新築で建てられた一戸建てでも、時間が建てば劣化してしまいます。そこで行なわれるのが、大規模修繕です。劣化によって現れた様々な現象を改善するために、業者が修繕を行ないます。そうすることで建物の劣化を防ぐことに繋がるのです。

この記事の続きを読む

広さで種類がある

太陽電池

会社のオフィスに設置してある業務用エアコンは、住宅に設置するクーラーとは異なり大きいのが特徴です。住宅と比べてオフィスは広いため、広さに合わせてエアコンを選ぶことが大切です。

この記事の続きを読む

健康と防犯対策

椅子

足腰が弱い人、防犯対策を取り入れたい人などが住宅に設置しているのが「インターホン」です。設置するには工事が必要ですが、人の暮らしを快適にしています。工事も短時間で終了します。

この記事の続きを読む

人の暮らしをサポート

洗面所

建物の安全を守ることはエレベーターのメンテナンスをすることから始まります。費用の面も気にしながら業者を選びます。

名古屋で店舗デザインをするのでしたらプロの会社に依頼をすると良いです。素敵なお店は集客へも必ず繋がります。

毎日エレベーターを使う方も多いのではないでしょうか。今やエレベーターは公共のインフラと言っても過言ではありません。そのエレベーターを安全に使うためには定期的なメンテナンスが欠かせません。 エレベーターの保守点検と検査することは、建築基準法によって定められています。性能を維持し、安全に運行するためには非常に重要な事です。エレベーターを含む昇降機は全国で80万台も普及していると言われています。都市生活に欠かせないインフラとして、定期的にメンテナンスをすることは、利用者だけではなく都市機能を維持するためにも欠かせないことなのです。 定期検査では、昇降機の損傷や変形、摩耗、腐食等に関する異常の有無を調査し、保守や修理が必要かどうかを確認します。また検査の実施は、約1ヶ月に1度はすることが決められており、検査結果の詳細は3年以上保存することが推奨されています。

エレベーターのメンテナンスの実施は、建築基準法により建築物の所有者または管理者に義務付けられています。エレベーターは通常通り稼働していたとしても、不具合が生じている可能性もあります。検査資格を有している者によって検査することは、事故を未然に防ぐことにつながります。なんらかの事情で検査を受けられない場合は、使用を中止して休止届などを行政庁に提出しなければなりません。一般的にエレベーターの寿命は25年から30年と言われています。老朽化している場合のメンテナンスの重要性は、ますます高いと言えるでしょう。 メンテナンスを依頼する場合、料金が明確であること、修理や部品箇所を丁寧に説明する点検会社を選ぶことが重要です。また都市機能が麻痺した時に備え、点検会社からは、ハードだけではなくソフトの面からのサポートを受けるようにすればいいでしょう。